債務整理
更新日:

債務整理(任意整理)後にクレジットカードはどうなる?いつ作れる?対処方法を紹介

最近は、クレジットカードも手軽に申し込むことができます。
スーパーやコンビニなど、それぞれポイントカードと同様にクレジットカードを申し込むことができるので、複数枚持っている人も少なくないでしょう。
しかし、クレジットカードの支払いが困難になったとき、債務整理はできるの?
任意整理をした場合、その後の扱いはどうなるの?
という疑問を持つ方も多いでしょう。
そういった点が気になる方に向けて、クレジットカードと債務整理について解説します。

クレジットカードの利用でできた借金も任意整理(債務整理)できる?

任意整理というと、金融会社からの借金が対象というイメージが強いでしょう。
クレジットカードを利用して借金をした場合は、任意整理できるのでしょうか?
任意整理とは、借金をした相手である債権者に対して、交渉することで支払い方法を変更することです。
主に、金利を今後カットしてもらい、毎月の返済額を減らして長期分割払いにすることを認めてもらうなどの手続きをします。
債務整理の方法はいくつかありますが、その中で最も多く行われているのが、この任意整理です。
クレジットカードの場合、他の金融会社などとは違う点があります。
それは、ショッピング枠とキャッシング枠があるということです。
キャッシングは任意整理できるのではないかと思う人も、ショッピングはまた扱いが異なるため、無理ではないかと考える人も多いでしょう。
実は、このどちらの返済についても、任意整理はできるのです。
クレジットカード会社の多くが、今後の金利カットや長期分割での支払いについて、認めてくれます。
ただし、借金そのものを減らすという交渉に関しては、基本的に応じてもらうことはできません。
任意整理の原則として、借りたお金そのものは全額返済することになっている為です。
そのため、元本を減らすことはできません。
ただし、その原則から外れるのが、過払い金の存在です。
クレジットカードであっても、過払い金が発生している可能性はあります。
かなり前からキャッシングを利用していたという人は、発生していないか一度確認してみた方がいいでしょう。
ただし、ショッピングで利用した分については、借金ではなく立替払いという扱いになるので、過払い金が発生することはありません。
キャッシングで過払い金が発生していた場合は、その分を元本に充当します。
金利として支払っていたものを、元本に支払ったものとして計算し直すのです。
その結果、元本が減ることがあるのです。
こういったケースなら、任意整理で元本を減らすことができます。

クレジットカードを任意整理した場合の例

クレジットカードを利用して任意整理を行った場合、利息カットをして返済するため、
毎月の返済の負担と返済総額を少なくすることが可能です。
下の表は、任意整理前と任意整理後を比較したものです。

借金総額:80万円任意整理前任意整理後
返済期間62カ月54カ月
毎月の返済額の平均20,000円15,000円
返済額の総合計123万2,097円80万円

リボ払いの完済に時間がかかる主な原因として、金利が高いことが挙げられます。
年利18%で80万円を利用すると返済額は約1.5倍になってしまうため、金利をカットすることで毎月の返済額を減らしつつ、返済期間の短縮が可能です。
早期に任意整理をするほど効果は大きいので、返済に悩んだらすぐに手続きを始めることをおすすめします。

クレジットカードを任意整理するとどうなる?

クレジットカードからの借り入れで任意整理をした場合は、何が起こるのでしょうか?
クレジットカードは、貸金業者などとは異なり、買い物や決済にも使用できるため、生活にも影響が出るかもしれないので事前に知っておきましょう。

クレジットカードは即日使用不可

任意整理の手続きをした際は、クレジットカードを解約した扱いとなり、当日から使用できなくなります。
使用不可になる際は、ショッピングとキャッシングを分けて対応してくれることはまずありません。
よって、キャッシングだけではなく、ショッピングも使用できなくなってしまう点に注意が必要です。
ショッピングのリボ払いや分割払いはもちろん、一回払いも利用できなくなるので、クレジットカード払いにしているものがある場合には、すぐに支払い方法の変更手続きをしなければなりません。

任意整理をした際にクレジットカードのポイントやETCは?

クレジットカードには、利用金額に応じてポイントが付与されます。
また、クレジットカードに付帯したサービスで、ETCを利用している人も多いでしょう。任意整理をすることで、これらはどうなるのでしょうか?
まず、クレジットカードを利用する上で最大のメリットともいえる、ポイントについて解説します。
単に現金で支払うよりも、クレジット払いにするとポイントが貯まるので、普段の買い物でもクレジットカードを利用している人は多いでしょう。
しかし、任意整理をすると、クレジットカードは解約と同じ扱いになってしまいます。
その時点で、貯まっているポイントは期間や多寡に関わらず、失われることになります。
ポイントが残っている場合は、任意整理をする前になるべく使い切ることをおすすめします。
ポイントを使い切ってから任意整理をしても、特に不利となることはありません。
ただし、直前で借り入れをしてしまうと、任意整理で不利になるでしょう。
また、Tポイントや楽天ポイントのように、クレジットカード独自のポイントサービスではないものは、任意整理でも失われない可能性があります。
また、ETCカードはクレジットカードに付帯したサービスですが、クレジットカードと連動して解約されることはありません。
交通事故防止のため、利用停止になることはないのです。
ただし、それで自由に使っていいという訳ではありません。
自分できちんと機器から取り外して、その後利用しないように保管しておく必要があります。
無視して使い続けていると、任意整理で不利になる可能性があります。

信用情報機関に情報が追加

任意整理をすると、債権者の種類に関わらず、事故情報として個人信用情報に登録されます。
個人信用情報を管理する信用情報機関は3つありますが、情報は共有されるため、すべての信用情報機関に事故情報が記録されることに注意が必要です。
例えば、任意整理をしたクレジットカード会社がJICCだけに加盟していたとします。
この場合、残るCICや全銀協にも情報が共有されることから、JICCに加盟していないクレジットカード会社や貸金業者、銀行にも事故情報は知られてしまいます。
事故情報があると、クレジットカードの新規作成や借り入れができません。
まとまった金額が必要になって、別のクレジットカード会社や金融機関などに新規借り入れの申し込みをしても、審査が通りません。

クレジットカードを任意整理する際に気をつけておくべき点

クレジットカードを任意整理する際は、いくつかの点に注意が必要です。その注意点を知らないと、任意整理をすることで困った事態になってしまうこともあるのです。どのような点に注意が必要なのか、主な注意点を解説します。

口座残高を0にして引き落としがされないようにする

クレジットカードの利用代金を銀行引き落としにしている場合、その口座の残高は一度ゼロにしておきましょう。任意整理の手続きを開始する際は、一度支払いをストップしなくてはいけないのです。クレジットカードの場合は、手続きを開始するという通知を送付したとしても、銀行の対応が間に合わず引き落としが止まらないことがあります。それを避けるために、口座の残高をゼロにするか銀行で手続きをして、引き落としができないようにしておく必要があるのです。

クレジットカード払いの変更

携帯電話や電気、ガス、水道料金などは、クレジットカード払いにしている人も多いでしょう。もし、クレジットカード払いにしているものがある場合は、任意整理の手続きの前に支払い方法を変更しておく必要があります。これはクレジットカード会社ではなく、携帯電話会社や電力会社、ガス会社等に直接申し込んで変更してください。
忘れられることが多いのが、毎月数百円の会員費や年に1回の受信料の支払いなどです。カード明細を確認して、どこの料金を支払っているのかを確認しましょう。

任意整理をした後の日々の生活はどうすればいい?

任意整理をするとクレジットカードは解約されてしまい、
常日頃からクレジットカードを使用していると、不便に感じてしまうでしょう。
任意整理をすると、クレジットカードは絶対に作れないのでしょうか?
また、クレジットカードの代わりになるものについて説明します。

任意整理後でも作れるカードとは?

任意整理をすると、その後は約5年間クレジットカードを新規に発行することができなくなります。その間、クレジットカードが必要な場合は家族名義のクレジットカードの家族カードや、プリペイドカードを利用するといった方法があります。
しかし、そういった方法が難しい場合は、デビットカードを利用しましょう。デビットカードは、クレジットカードに近い形で使用できるカードで、任意整理後であっても発行することが可能です。

クレジットカードとはちょっと違う『デビットカード』

デビットカードは、クレジットカードとどう違うのでしょうか?その大きな違いは、支払いのタイミングです。
クレジットカードの場合は、締め日までにその月の支払い分をまとめて、翌月の引き落とし日に支払うということになります。つまり、それまでの間はクレジットカード会社にその代金を借りているのと同じことになるのです。
それに対して、デビットカードの場合は使用した時、即座にそのカードと紐づけられている口座から引き落とされます。口座の残高が、カードの使用限度額となるのです。もし、口座の代金が支払い分に足りなかった場合は、その決算ができなくなります。つまり、デビットカードの場合は使用限度額を自分で決定することができ、使い過ぎたから返済できないということは起こらないのです。

家族カードを作ってもらう

任意整理をした後は、自分の名義でクレジットカードを作成することができません。
ただし、信用情報は家族に影響しないため、例えば配偶者名義でカードを作成し、家族カードを発行してもらうことで普通のクレジットカードと同じように使用することが可能です。
家族カードは本カードに紐づけられているカードであり、独立して発行されているわけではありません。
請求先や利用可能額などは本カードと共通であるため、どちらかのカードで多額の買い物をした場合、両方のカードで使用できる額が少なくなります。
請求がカードを発行した家族に届くため、何に利用したのかを逐一報告し、支払い用のお金を渡すかなど使用する上でのルールを決めておいた方がいいでしょう。

信用情報機関の金融事故の登録が消えるのを待つ

任意整理をした場合、信用情報機関には事故情報として記録されてしまいます。
事故情報が登録されている間はブラックリストに入ってしまい、クレジットカードの新規作成などができなくなりますが、事故情報がいつまでも残るわけではありません。
任意整理の場合は、どの信用情報機関でも5年経過すると記録が抹消されるので、5年経過すればクレジットカードの新規作成は可能です。
ただし、任意整理の対象となったクレジットカード会社の場合は社内ブラックとして記録が残る可能性があるため、 5年経過した後も記録が残ったまま新規作成ができないことがあります。

任意整理後にクレジットカードを作るために

任意整理をして、個人信用情報に事故情報が登録されていても、クレジットカードを作成する方法はあるのでしょうか?
任意整理後にクレジットカードを作りたいのであれば、やってはいけないことがいくつかありますが、絶対にやってはいけないことを解説します。

なぜ通らないのか、理由を何度も聞く

審査に通らなかったと言われると、その理由が気になってしまうのは当然です。しかし、何度もその理由を聞こうとクレームの様に繰り返し電話をするようなことはやってはいけません。そのようなことをすると、ブラック扱いになりそのクレジットカード会社の社内データベースに登録されてしまうのです。
コールセンターでは、審査に落ちた理由を把握していません。また、知っていても教えてくれるわけはないので、単に悪い印象を与えてしまうだけなのです。

同時に複数のクレジットカードに申し込む

審査に通らなかった時、また落ちてしまうことがあると想定して同時に複数社へと申し込んでしまう人もいますが、これもやってはいけません。クレジットカードに申し込んだ際は、審査担当者が個人信用情報機関に確認します。同時に複数社へと申し込んだ場合、そこには複数の申し込みの記録が残ってしまうのですが、それは審査に落ち続けている、もしくは急いでお金を必要としていると言った悪印象を与えることになるのです。そうなれば、審査に落ちる可能性はさらに高くなってしまうのです。

申込書の記入で誤字脱字がある、もしくは嘘を記入する

書類を書く時、誤字脱字がないように気を付けるのは当然です。誤字脱字があると、正常に受け付けてもらえない可能性があるので注意しましょう。
また、どうせ調べられないと思って嘘の情報を記入しても、ほとんどの場合はバレてしまいます。特に、過去の借り入れなどは信用情報機関に記録されているため、隠しようがないのです。
嘘がばれてしまうと、担当者に悪い印象を与えて審査に落ちる可能性が高くなります。嘘は、絶対にやめた方がいいのです。

債務整理におすすめの司法書士事務所

債務整理におすすめの司法書士事務所は、どのようなところでしょうか?おすすめの司法書士事務所はどのようなところか、解説します。
まず、相談実績が豊富なところを選びましょう。ホームページを見て、債務整理や過払い金についてどのくらい相談を受けているのかが、信頼できるかどうかの目安となります。多いところは、10万件以上の相談実績があります。
満足度の高さも、信頼できるかどうかの目安となります。債務整理などの手続きは必ずしも成功するとは限らないため、満足度が100%になることはまずあり得ません。信頼できるかどうかの基準としては、90%を超えているかどうかが重要となるでしょう。
また、相談料や着手金が無料のところがおすすめです。相談料や着手金は、債務整理の手続きに失敗した場合でもかかるものです。そのため、無料なところに依頼しましょう。
これらの特徴を全て満たしている司法書士事務所として、はたの法務事務所がおすすめです。

まとめ

・クレジットカードの利用による借金も任意整理は可能
・翌月一回払いで返済額が大きくなりすぎた場合、任意整理をすることで長期分割払いが可能となる
・任意整理をする際は、引き落とし口座の残高をゼロにするか銀行で手続きをする必要がある
・クレジットカード払いの携帯電話料金などは、あらかじめ変更しておく
・任意整理後は、家族名義のクレジットカードの家族カードやプリペイド式のカードなら利用できる
・デビットカードなら、任意整理後でも発行可能
・デビットカードは、利用した際の代金が即座に口座から引き落とされる
・口座の残高が足りない場合は、決済ができなくなってしまうので注意が必要
・デビットカードは、使い過ぎを防止するのにも効果的




監修者情報
代表 鈴木 法克
代表 鈴木 法克
認定番号 第101196号 / 東京司法書士会所属 / 登録番号 東京 第7018号
借金は、借金では解決出来ません。
クレジットでの買い物や、軽い気持ちでキャッシングを重ねるうちに借金が知らない間に増えることは、だれにでもあることです。
支払いが無理かなと感じたら、身近な法律家である司法書士にまずは、ご相談ください。
あなたの早めの相談が問題解決へのきっかけになります。
一人で思い悩まずに、司法書士といっしょに問題解決に向けてスタートしましょう。
また、司法書士は、不動産登記や商業登記、簡易裁判所で扱う事件についての代理等をしていますので、借金問題以外の法律相談もしています。
弁護士では、敷居が高いと感じている方も、気軽にご相談ください。
関連コラム
よく見られている記事
最新アップ記事

ACCESS

アクセス

東京
大阪
  • 東京
  • 大阪
東京本店

〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
最寄駅:JR中央線・地下鉄丸の内線荻窪駅 西口より徒歩1分

大阪支店

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303
最寄駅:御堂筋線西中島南方駅 北口より徒歩4分/JR新大阪駅より徒歩8分
06-4862-6320 06-4862-6320
電話受付時間:平日10:00~20:00

司法書士

代表者氏名:鈴木 法克
認定番号:第101196号・東京司法書士会所属
登録番号:東京 第7018号

営業時間

電話番号

【無料相談ダイヤル】
営業時間:
平日 8:30~21:30 土日祝 8:30~21:00
WEBでのご相談受付時間:356日 24時間受付可
0120-963-164

【ご依頼専用ダイヤル】
03-5335-6450
電話受付時間:平日のみ 10:00〜18:30

東京
大阪
東京
司法書士

代表者氏名:鈴木 法克
認定番号:第101196号・東京司法書士会所属
登録番号:東京 第7018号

無料相談ダイヤル

営業時間:平日 8:30~21:30 土日祝 8:30~21:00
WEBでのご相談受付時間:356日 24時間受付可
0120-963-164

ご依頼専用ダイヤル

03-5335-6450
電話受付時間:平日のみ 10:00〜18:30

東京本店

〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
最寄駅:JR中央線・地下鉄丸の内線荻窪駅 西口より徒歩1分

大阪
司法書士

代表者氏名:幡野 博文
認定番号:第401159号・東京司法書士会所属
登録番号:東京 第1545号

無料相談ダイヤル

営業時間:平日 8:30~21:30 土日祝 8:30~21:00
WEBでのご相談受付時間:356日 24時間受付可
0120-963-164

ご依頼専用ダイヤル

03-5335-6450
電話受付時間:平日のみ 10:00〜18:30

大阪支店

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303
最寄駅:御堂筋線西中島南方駅 北口より徒歩4分/JR新大阪駅より徒歩8分
06-4862-6320
電話受付時間:平日10:00~20:00

PAGE TOP