債務整理
2022.01.06

サラ金(消費者金融業者)で滞納したときのリスクは?対処法も解説

お金に困った時、サラ金を利用する人は少なくありません。
しかし、一口にサラ金、もしくは消費者金融といっても、実際にはその会社によって様々な違いがあることをご存知でしょうか?
この記事では、サラ金ができた背景やその特徴、よくあるトラブルなどを解説します。
利用する予定がある場合は事前に詳しく知っておきましょう。

サラ金(消費者金融業者)とは?

サラ金、あるいは消費者金融というのはそもそもどのようなものなのでしょうか?
また、ヤミ金とはどう区別しているのでしょうか?
サラ金の特徴について、詳しく解説します。

サラ金の特徴

サラ金というのは、サラリーマン金融の略で、主に会社員を対象として貸付をしている消費者金融のことを指し、現在ではひとまとめに消費者金融と呼ばれています。会社員以外に主婦や学生でも利用できる一般消費者向けのサービスを行っており、融資する金額が数万円からと小口なのが特徴です。
その事業を行うには、金利や取り立てのルールが定められている貸金業法に則って営業をしなければなりません。
また、内閣総理大臣か都道府県知事の登録を受けていなければ、違法となります。融資を受けるための審査基準が銀行などと比べて緩いのが最大の特徴で、すぐに審査結果が出て手軽に借りることができる点が利用者に支持されています。
銀行の融資とは違って、基本的に担保や保証人も不要ですが、その代わり、金利は高めに設定されているのが特徴です。サラ金では、借りたお金の用途を問われることもありません。
銀行の融資を受ける場合は、どのように使用してどういった結果が生じるか、また返済にあたってはどのような計画で返済していくのかを明確にしなくてはいけません。
ところが、サラ金の場合は、一度契約すればいつでも借りることができ、返済も一定以上の金額を定期的に返済していれば問題はありません。
店舗まで行かずに契約が可能な、無人契約機があるのもサラ金の特徴で、直接店舗の人と顔を合わせずにお金を手軽に借りることができます。現在は、コンビニのATMからも借り入れや返済ができるところが増えているため、更に便利になりました。

闇金との違いとは

サラ金に対しては、怖い、金利が高い、取り立てが厳しいといったイメージを持っている人もいるかと思いますが、それはかつてのことで、今はきつい取り立て行為は禁止されているためそのようなことはありません。
というのも、貸金業法が改正されたことで金利の上限も低くなり、融資に関しても総量規制によって過剰な貸し付けはできなくなったことが背景にあります。さらに、取り立てにも厳しい規制があるので、かつてのような怖いイメージは無くなっているのです。
しかし、闇金の場合は事情が異なります。闇金は貸金業者の登録をせずに貸付を行っている、いわゆる違法な業者なので、貸金業法の規制も無視して営業しており、金利も非常に高くなっています。
違法で間口が広い分、融資金額についてはかなり厳しく決められますが、いざ取り立てとなると、かつてのサラ金を超えるほど厳しいものであり、精神的に追い詰められることも少なくありません。闇金からの借金は法律で守られたものではないので、絶対に貸金業者の認可を受けていない闇金からお金を借りるのはやめておきましょう。

サラ金が生まれた背景とは

サラ金は、元々団地金融から生まれたものといわれています。
これは1960年代に始まったもので、団地に住んでいるサラリーマンを対象としたものが始まりで、そこからサラ金といわれるようになりましたが、主婦や自営業者、学生などが利用することも増えたことから、消費者金融と呼ばれるようになったのです。
個人向けの、利用用途を問わない小口融資そのものや、それを行う貸金業者のことを総称して、サラ金、あるいは消費者金融と呼びます。

個人向け融資のカードローンの種類や特徴

消費者金融を含めて、個人を対象に融資を行うサービスを総称してカードローンといいます。
カードを介してお金を借りたり、返済したりするサービスですが、個人向け融資のカードローンにはいくつかの種類があります。主な種類としては、消費者金融系カードローン、銀行系カードローン、信販・クレジット系カードローンの3種類です。
それぞれの特徴や違い、融資までのスピード、金利などを解説していきます。

消費者金融系

消費者金融系は、素早く融資を受けられるのが特徴で、他の2つと比べて、申込から融資を受けられるまでのスピードが非常に速いのが特徴です。
ただし、金利は他の2つよりも高く、17~18%位のところがほとんどです。
また、それ以外の特徴として、初回借入からは一定期間、無利息の期間が設定されていることがあります。
急いで資金を用意したい人や、借りてもすぐに返せるという人など、短期間の借入を希望している人には向いているでしょう。

銀行系

銀行系は、銀行に分類される金融機関が個人向けの融資として提供するサービスで、大手銀行だけではなく、地方銀行が経営しているケースもあります。
地方銀行というだけでも消費者金融よりも安心感がありますが、メガバンクが経営していれば更に安心できるでしょう。審査が厳しく、融資を受けるのには時間がかかりますが、金利は14~15%程度と低めに設定されているため、長期での借入を考えている人に向いています。

信販・クレジット系

銀行系に近い特徴を持つのが、信販・クレジット系です。
金利は消費者金融より低く設定されていて、銀行系とほぼ同程度のところが多いでしょう。融資を受けるまでのスピードは、消費者金融より長く銀行よりは早いのですが、今は申し込んでから郵送でカードが送付されてくる前に、最短で当日借り入れが可能という所も増えているため、以前よりも利便性は高くなっています。
こちらも、長期での借り入れをしたい人に向いているのですが、すぐに必要という方にもおすすめです。

サラ金からお金を借りた時によくあるトラブル

サラ金からお金を借りると、様々なトラブルが生じることもあります。具体的に、どのようなトラブルが起こるのでしょうか?

借金の返済ができなくなってしまう

お金を借りる人は、当然ながらお金がなくて困っている人です。
それが一時的なものであれば返済して終わりなのですが、常に困っているような状態では借金を返済するのが難しくなり、返済のために借金をして更にその額を増やしてしまい、別のところからも借りて多重債務になっている状況かと思います。
そうなると、段々返済するのが厳しくなってしまい、やがては借金の返済ができなくなるでしょう。借金をして、返済できなくなる可能性というのは誰にでもあります。
例えば、仕事を辞めて生活費として一時的に借りたものの、新しい仕事がなかなか決まらず借金だけが増えていき、やがては返済できなくなるということもあり得るのです。
また、本来は返済できるはずだったのに仕事の給料が減ってしまい、返済する余裕がなくなることも考えられます。

家族や会社に知られてしまう

サラ金からの借金では、基本的に連絡が来ることはそうありません。しかし、返済が遅れた時には支払いを求める電話が来ることはあります。
また、利用できる融資枠の増額ができるという電話が来ることもあるでしょう。そういった連絡がきたとき、自分一人だけであれば問題はありませんが、家に家族がいる時は家族に聞かれてしまうこともあったり、会社でも周囲の人に聞こえることがあったりと、こういったことが原因で借金がばれてしまうケースがあります。

借金の返済ができない場合のリスク

借金の返済ができなくなってしまうと、様々なリスクが生じることもあります。
具体的には、どのようなリスクが考えられるでしょうか?
借金が返済できない時のリスクについて解説します。

損害遅延金が発生する

借金の返済は返済日が決まっており、その日を過ぎても返済されなかった場合は、通常の利息ではなく遅延損害金が発生してしまいます。遅延損害金は、通常の金利の1.46倍までという規定があります。
そのため、利息よりも高額な金額を支払うことになるのです。
遅延損害金は、返済が遅れた1日ごとに加算されて行き、遅れれば遅れるほど、返済は困難になってしまうのです。負担を最小限にとどめるためにも、返済はなるべく早くしておくべきでしょう。

信用情報に記録される

借金を返済できずに期日を過ぎてしまうと「延滞」となり、そのことが信用情報に記録されてしまいます。
延滞している期間が長期になればそれだけ状況は悪化していき、信用情報に問題点が記載された場合は、現在利用しているサービスが利用できなくなります。
さらに、カードローンの新規借り入れができなくなったり、別のカードローンやクレジットカードの契約もできなくなったりします。この情報を消すには、まず滞納している分を返済した上で、信用情報を管理している信用情報機関に変更の申し出をしなくてはいけないのです。かなり手間がかかるので、信用情報機関に登録されないように気を付けましょう。

サラ金からの借金で返済ができない時の対処法

では、サラ金からお金を借りて、それを返済できない場合はどうしたらいいのでしょうか?返済できない場合の対処法と、借金の専門家に相談するメリットについて解説します。

債務整理

借金の返済がどうしても難しい場合は、債務整理を考えてみましょう。これは、借金を減額してもらうための手続きです。
債務整理には、任意整理と個人再生、自己破産の3つの手続きがあります。

任意整理は、債権者であるサラ金と直接交渉して、今後の利息や遅延損害金をカットした上で、元金を長期の分割返済で返済することを認めてもらう手続きです。返済は、原則として36回から最大60回の分割で行います。

個人再生は、裁判所に申立をして借金を原則5分の1に減額してもらう手続きです。
ただし、最低でも100万円は返済することになるため、借金の総額が100万円以下の場合には意味がありません。この手続きでは、再生計画として返済の予定を提出し、基本的には債権者からの同意を得る必要があります。

自己破産は、裁判所に申立をしてこれ以上返済する能力がないことを認めてもらい、返済を免除してもらう手続きです。ただし、認められるには様々な条件があるので、誰でもできるとは限りません。
例えば、ギャンブルや浪費を目的として借金をした場合は原則認められません。
こういった手続きの中で、自分の状況に最も向いている方法を選択するのです。

直接相談する

今は無理でも、後日であれば返済できるという場合は、サラ金会社に直接相談してみるという方法もあります。
サラ金としては、最終的に返済してもらえるのであれば多少の遅れなら見逃してくれることが多いので、支払うことができるのであればいつなら支払うことができるのか、話してみましょう。そうすれば、その日までは待ってくれることも多いのです。
ただし、相談した場合でも遅延損害金は発生してしまいますので、それに関しては、仕方がないものだと思ってあきらめましょう。

専門家に相談依頼するメリット

借金で困った場合は、司法書士等の専門家に相談・依頼するといいでしょう。そのメリットとしては、まず具体的な解決策が分かる、という点があります。専門家は、これまで借金に関する相談を山のように受けているため、どのような方法であれば問題が解決するのかを具体的に教えてくれるのです。
また、解決方法として債務整理を行うことになった場合も、どういった方法が現状においてベストなのかを判断してもらえます。自分で行う場合は、どの方法がいいのか分からないことも多いのですが、専門家であれば、それぞれのメリットやデメリットを知り尽くしているので、状況を鑑みてどの方法を行うべきか教えてもらえるのです。
手続きによっては様々な書類が必要となりますが、その作成も請け負ってくれるため、ほとんどを任せてしまうことができます。
債務整理を専門家に依頼した場合は、サラ金会社に受任通知が送付され、これを受け取ると窓口は専門家になり、サラ金は本人に直接取り立てを行うことができなくなります。
また、手続きが完了するまでの間は借金を返済する必要もなくなりますので、専門家に相談・依頼した場合は、想像以上にメリットがあるのです。借金の返済ができず困ってしまった時は、まず司法書士等の専門家に相談してみましょう。

まとめ

・サラ金は消費者金融の一種
・元々は、サラリーマン金融という意味
・サラリーマンをターゲットにしていたが、主婦や自営業者、学生の利用も増えた
・消費者金融系のカードローンは、融資をすぐに受けられるが金利は高め
・銀行系のカードローンは、融資を受けるまでに時間がかかるものの金利は低め
・信販・クレジット系のカードローンは、融資が銀行より早く金利は同程度のことが多い
・お金を借りても、返済できなくなることがある
・返済が遅れると、遅延損害金が発生して信用情報にも傷がつく
・どうしても返済できない場合は、債務整理などの対処法がある




監修者情報
代表 鈴木 法克
代表 鈴木 法克
認定番号 第101196号 / 東京司法書士会所属 / 登録番号 東京 第7018号
借金は、借金では解決出来ません。
クレジットでの買い物や、軽い気持ちでキャッシングを重ねるうちに借金が知らない間に増えることは、だれにでもあることです。
支払いが無理かなと感じたら、身近な法律家である司法書士にまずは、ご相談ください。
あなたの早めの相談が問題解決へのきっかけになります。
一人で思い悩まずに、司法書士といっしょに問題解決に向けてスタートしましょう。
また、司法書士は、不動産登記や商業登記、簡易裁判所で扱う事件についての代理等をしていますので、借金問題以外の法律相談もしています。
弁護士では、敷居が高いと感じている方も、気軽にご相談ください。
関連コラム
よく見られている記事
最新アップ記事

ACCESS

アクセス

東京
大阪
  • 東京
  • 大阪
東京本店

〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
最寄駅:JR中央線・地下鉄丸の内線荻窪駅 西口より徒歩1分

大阪支店

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303
最寄駅:御堂筋線西中島南方駅 北口より徒歩4分/JR新大阪駅より徒歩8分
06-4862-6320 06-4862-6320
電話受付時間:平日10:00~20:00

司法書士

代表者氏名:鈴木 法克
認定番号:第101196号・東京司法書士会所属
登録番号:東京 第7018号

営業時間

電話番号

【無料相談ダイヤル】
営業時間:
平日 8:30~21:30 土日祝 8:30~21:00
WEBでのご相談受付時間:356日 24時間受付可
0120-963-164

【ご依頼専用ダイヤル】
03-5335-6450
電話受付時間:平日のみ 10:00〜18:30

東京
大阪
東京
司法書士

代表者氏名:鈴木 法克
認定番号:第101196号・東京司法書士会所属
登録番号:東京 第7018号

無料相談ダイヤル

営業時間:平日 8:30~21:30 土日祝 8:30~21:00
WEBでのご相談受付時間:356日 24時間受付可
0120-963-164

ご依頼専用ダイヤル

03-5335-6450
電話受付時間:平日のみ 10:00〜18:30

東京本店

〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
最寄駅:JR中央線・地下鉄丸の内線荻窪駅 西口より徒歩1分

大阪
司法書士

代表者氏名:幡野 博文
認定番号:第401159号・東京司法書士会所属
登録番号:東京 第1545号

無料相談ダイヤル

営業時間:平日 8:30~21:30 土日祝 8:30~21:00
WEBでのご相談受付時間:356日 24時間受付可
0120-963-164

ご依頼専用ダイヤル

03-5335-6450
電話受付時間:平日のみ 10:00〜18:30

大阪支店

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303
最寄駅:御堂筋線西中島南方駅 北口より徒歩4分/JR新大阪駅より徒歩8分
06-4862-6320
電話受付時間:平日10:00~20:00

PAGE TOP